So-net無料ブログ作成
検索選択

小保方さん!捏造確定!?検証! [捏造]

今、世間を騒がせている小保方さんのSTAP細胞の博士論文の捏造が確定した!?などのような情報がネット上で流れているようなので、検証を加えてみたいと思います。


結論から言うと、小保方さんの捏造は確定していません。


根拠のないデマに振り回されないでください。


そもそも、小保方さんが正式に発表しない限り、捏造の確定なんかするはずはないのです。 専門知識のないわれわれ一般人が論文を読んで捏造と確定することなど不可能に近いのです。


まずSTAP細胞の小保方さんはご存知でしょうか?

今、iPS細胞に次ぐ世紀の大発見と言われており、ノーベル賞かなどとも騒がれている”リケジョ”の小保方晴子さんです。


STAP細胞とは簡単に説明すると体細胞に外部からのストレス(刺激)を与えるだけで、幹細胞と言われるすべての体細胞に分化できる細胞に戻るという発見である。 つまり、万能細胞の発見のようなものである。


この発見について博士論文を小保方さんは発表したが、誰も再現できず、本当にSTAP細胞は存在するのかという疑いが持たれるようになりました。


そして、博士論文にもさまざまなミスなどが見つかり、さらに不信感が募っていきました。


現在はこの状況で博士論文がさまざまな方面から指摘され、捏造の疑惑が浮上しているという状況です。


そんな中、3月10日に理化学研究所は論文の撤回の含め、検討に入ったことを明らかにしました。


理化学研究所はSTAP細胞の博士論文を発表したところです。

このニュースにより、ネット上では小保方さんの捏造が確定したと騒がれるようになりました。


なぜ撤回を含めて検討するようになったかと言えば、博士論文の共著者の1人である、若山照彦(山梨大学教授)が、論文の撤回を呼びかけたことが原因であるとも言われています。

しかし、この段階で小保方さんの捏造が確定したと言うには無理があります。


論文を発表した理化学研究所もまだ撤回を決めたわけでもなく、これから検討すると言っているに過ぎないので、捏造確定などはまだ早過ぎます。

しかも、このような専門的な知識が必要な分野はなかなか知識がないとわかるものでもありません。


まだ小保方さんの捏造が確定しているわけではありません。


個人的には小保方さんは捏造ではなく、ちょっとした論文にミスがあったに過ぎないと思っています。


ニュースをしっかりと受け止め、安易に「小保方さんの捏造確定」などと言わないようにしましょう。


しっかりとした自分の頭で根拠のある情報から判断する必要がありますね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

小保方さんの捏造疑惑!マスコミが小保方さんで遊んでいる!? [捏造]

世間ではあのiPS細胞に次ぐ世紀の大発見としてSTAP細胞が騒がれていますね。

その発見の張本人である小保方(おぼかた)さんは現在、捏造ではないかなどとマスコミに騒がれております。

はっきり言って、マスコミは小保方さんの捏造報道で遊んでいるように思えます。

STAP細胞の発表を行った1月末頃にはマスコミは小保方さんを

「期待のかわいいリケジョ」などと取り上げ、また小保方さんのかっぽう着姿や女子力の高さなどを評価し、好意的に報道していました。

しかし、マスコミは次第にSTAP細胞の内容ではなく、小保方さん個人に注目するようになって、小保方さん的には不本意なものとなっていました。

そのあと、メディア上で小保方さんの捏造疑惑などが騒がれてきて、マスコミは最初は単なる「嫉妬」や「嫌がらせ」だと思っていたため、特に取り上げることはなかったが、そのあと騒ぎが大きくなって、マスコミも「小保方さんの捏造!」などと取り上げるようになってきました。

マスコミが一斉に動いたため小保方さんも各方面から批判され、マスコミに遊ばれているというようにも言われるようになりました。
マスコミに取り上げられる小保方さん
msD5FICm3QZbyhK_26650.jpeg
http://www.google.co.jp/url?sa=i&rct=j&q=&esrc=s&source=images&cd=&cad=rja&uact=8&docid=5D2aCwGC5O-aWM&tbnid=bEId7f3kieMEqM:&ved=0CAYQjRw&url=http%3A%2F%2Fgirlschannel.net%2Ftopics%2F90349%2F&ei=sVEgU-vNB4SukgWEwYHgBw&bvm=bv.62788935,d.dGI&psig=AFQjCNEUacLdBP0FmNOp4ayNTyTGlDWw5A&ust=1394713390444666
より引用

確かに、今回の小保方さんの捏造疑惑はマスコミに遊ばれているような感じがします。

マスコミは小保方さんを最初は褒め称えながら、世間一般が「捏造だ!」などと騒ぎ出した途端、方向をシフトし、小保方さんを批判するようになりました。

個人的には小保方さんは捏造ではないと信じていますが、マスコミも少しいきすぎな気がします。

なんだか小保方さんがマスコミのおもちゃになっているような気がしてなりません。

マスコミはあまり根拠のない事実で騒ぎ立てるのではなく、しっかりと正式な発表を待ってから、正確な記事を書き、 あまり誇張表現を使わないようにした方がいいのではないかと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

STAP細胞の小保方氏。なぜ捏造を!?真実を探る! [捏造]

STAP細胞で最近、かなり大騒ぎになっている小保方さんがもし博士論文を捏造したとして、いったいなぜ捏造しなければならなかったのでしょうか?

そもそも捏造なのでしょうか?

その真実を探っていきたいと思います。
STAP細胞とは最近、あの山中教授のiPS細胞を越える世紀の大発見とも言われ、大騒ぎされましたね。

obokata3.jpg
http://www.google.co.jp/url?sa=i&rct=j&q=&esrc=s&source=images&cd=&cad=rja&uact=8&docid=PkSTE3pjtxBhJM&tbnid=wxKrfaZ1wf4O5M:&ved=0CAYQjRw&url=http%3A%2F%2Fwww.news-us.jp%2Farticle%2F391178623.html&ei=F0kgU4HeMo7rkgX5voAo&bvm=bv.62788935,d.dGI&psig=AFQjCNHdH2pOBPgoamF5zjoylUm5bzE75w&ust=1394711190457046
より引用

詳しいことは専門的な知識がないと理解するのは非常に難しいし、 さらにその論文を実際に読もうとすればいくらかお金が必要になってくるので、 普通はなかなか読めないので、真実かどうかわれわれにはなかなか判断することは難しいです。

「STAP細胞とは刺激惹起性多能性獲得細胞と言われており・・・」などの説明が一般にはなされていますが、 そういうのを読んだとしてもはっきり言って専門的知識がなければ全くわかりませんよね。
専門的な知識がなくても、このニュースには興味がある方も多いと思います。

もし、小保方さんが博士論文を捏造したと仮定したら、いったいなぜ捏造したのでしょうか?

それには個人的には研究費の面やプライドなどの面が絡んでいるように思われます。


研究というのはかなりお金がかかるのですが、研究費として支給される金額は非常に少ないのです。 そのせいで、大学などの研究者は非常に苦労しています。 研究者は給料もあまり多くはありません。

国としてもずっと成果の出ない研究にお金を支給し続けるわけにもいかないのでしょう。


だから成果の出ない研究にはお金がまわってくることはなくなってくるのです。


そのことに危機感を感じた小保方さんはなんとしても早く成果を出したいと考え、捏造(仮にしたとしていたら)という手段に走ったのではないかと考えられます。

それがまず一点。 もう一つ考えられるのとしては、プライドの面があるのではないかと思われます。
この研究には世界的に有名なハーバード大学の研究者も絡んでおり、その過程で小保方さんは一度ハーバード大学に認められず、拒否されたことがあったそうです。


そして、自分の実力を認めてもらいたいという一心からこのような捏造という手段に走ってでも成果を出したかったのではないでしょうか?


しかし、世間では捏造ではないかと騒がれているのですが、個人的には捏造ではないと思っています。

博士論文の間違いなどはささいなミスによる可能性も大きいことですし、専門的知識のないわれわれが正確に判断することはできません。

捏造かどうかは正式な発表を待つことにしましょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

小保方さんの捏造疑惑!?週刊新潮で取り上げられる小保方さん [捏造]

週刊新潮でSTAP細胞の小保方さんの捏造について取り上げられていますね。

週刊新潮は小保方さんについてどんな感じで取り上げて来たのでしょうか?


今までの週刊新潮の小保方さんの取り上げ方を見てみます。

週刊新潮2月13日号2月6日では STAP細胞「小保方晴子」高校時代は中の中でちょっとイタい子! として取り上げていました。
そこでは、小保方さんが学生時代のエピソードなどが紹介されていました。 どんな風に紹介されていたのかというと 「思い込みの激しい性格だ」などという風に紹介されていました。

ちなみにこのような情報を週刊新潮に流したのはある国立大学の研究者だと言われています。

しかし、専門性が高く、週刊誌ではその情報が正しいのかどうか決定することは困難だったのでどうやら一旦掲載するのは見送られたようです。

このように研究者間での嫉妬のような形でお互いに不利になる情報を流したりなどするものなのですね。
研究者の世界も怖いものです。

しかし、こういう情報が大好きなところも週刊誌という感じがしますね。

そして、次に週刊新潮で出た小保方さんの記事のタイトルこちらで、2月27日に出たものです。
週刊新潮2月27日徹底検証! 「STAP細胞」は幻か? 未だ再現不能! 「小保方博士」が着せられた「灰色割烹着

このようなタイトルで週刊新潮が出していました。

世間では週刊新潮はこのときの記事で 「小保方さん、STAP細胞捏造!」

などのような形で記事を書こうとしていたのではと思われていますが、さすがにそこまではっきりとは書かなかったようです。

個人的には小保方さんは捏造だなどと言われていますが、捏造なんかではないと思います。 単純なミスがいくつかあったというだけで、そこまで騒ぎ立てる必要もないのではないかと思います。 研究としては成功すれば非常に価値のあるものだと思うので。
これからも個人的には応援していきたいですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

小保方さんは捏造の常習犯なのか!? [捏造]

小保方(おぼかた)晴子さんのSTAP細胞の博士論文では捏造疑惑が浮上していますね。

そして、さらに小保方さんは捏造の常習犯なのかという疑いも浮上しています。

本当に小保方さんは捏造の常習犯なのでしょうか?
小保方さんの大学卒業論文も捏造で、それ以降の論文もすべて捏造で小保方さんは捏造の常習犯だと言われたりもしているのですが、果たしてそれは本当なのでしょうか? 小保方さんとはこんな方です。↓

HlqMrFp1W4WWWIOUVHXZKak94aTnrxpP.jpg
http://www.google.co.jp/url?sa=i&rct=j&q=&esrc=s&source=images&cd=&cad=rja&uact=8&docid=j8l_BTEfX9CfAM&tbnid=YVWYb3bkUifc-M:&ved=0CAYQjRw&url=http%3A%2F%2Fnavistation01.com%2F3851.html&ei=WCYgU4yIOcOKlQXJuIGICQ&bvm=bv.62788935,d.dGI&psig=AFQjCNEyh9yldnaiLakmQ7o-LU5JVjHyQQ&ust=1394702296155067

より引用
そもそも、まずSTAP細胞(スタップさいぼう)とはどんなものか簡単に説明しておくと、漢字では 刺激惹起性多能性獲得細胞(しげきじゃっきせたのうせかくとくさいぼう)と言われるものです。

なんだかすごく難しいですね。

ちなみに「惹起(じゃっき)」とは事件・問題などをひきおこすことという意味です。

これは動物細胞にある特定の外からの刺激を与えることによって分化多能性をもたせるものです。
しかし、これでも専門的知識のない人にとっては非常に難しく感じますね。
詳しくは非常に難しいのでさておき、なぜ小保方さんが捏造だと言われるようになったのでしょうか?
それは小保方さんが早稲田大学に提出した英語の博士論文での参考文献リストが他の論文とかなり酷似していたことにより、捏造だと疑われ、これが本当なら学位取り消しの可能性も浮上するという大騒ぎとなっています。

博士論文が捏造だと言われた原因にはさまざまなものがあります。
例えば、本文に引用の印とかがないにも関わらず、文献リストには多くの著者名や題名、雑誌名やページなどが列挙されていたり、博士論文の一部が文字化けをしたりしていて、コピペ(コピーアンドペースト)の疑いが持たれたりしました。

さらに、この参考文献リストは台湾病院の研究者らが医学誌で発表した論文の文献リストのうちのほとんどと一致したようです。

これらにより、小保方さんが提出した博士論文は極めて怪しいと思われ、捏造疑惑が持たれているということです。

そして、小保方さんの捏造は常習犯なのかということについてですが、世間ではいろいろなことが言われていますね。

小保方さんの大学の卒業論文も捏造だったとか、それ以降の論文も捏造だったとか。

今まで捏造で乗り切れたから今回も捏造し、捏造の常習犯だと言われているみたいです。
しかし、個人的な意見ですが、捏造ということでもないと思います。

個人的には小保方さんの論文の不自然な点などは単なる論文を書き慣れていないことによるミスの可能性もあるのではないかと思います。
そもそも、卒業論文が捏造だとか、今までの論文が捏造だとかは全く根拠のない話で、噂が一人歩きしているにすぎないと思います。 だから、安易に小保方さんを捏造の常習犯だと言うのはよくないと思います。

小保方さんの論文で不自然な点がいくつか見受けられるのは研究、論文が未完成であるからではないでしょうか?
STAP細胞の論文は部分的には真実なのですが、まだ完成したとは言えない状態であるため不自然な点があるように思われます。

現在は、小保方さんは音信不通で行方不明状態となっているそうですが、しっかりと正しいのだと証明してほしいですね。

これからも調査を続けていきたいと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。